NOVILOG

株式会社ノヴィータが運営するブログメディアです。メンバーのこと、文化や価値観、ノウハウ、様々な活動などについて発信します。

「ちょっと面倒くさい」を減らすために 自分で色々な便利ツールを作ってみた

こんにちは、フロントエンドチームの深堀です。
普段はフロントエンドエンジニアとして、クライアントサイトのコーディングを担当しています。
「ちょっと面倒くさい」と感じたことを解消するためにツールを開発をしてみたら、最大40分かかっていた作業が体感3秒で済むようになり、業務改善につながったことをまとめてみます。

業務改善の背景

私が担当するサイトは、運用を継続していく中で、「ちょっと面倒くさいな~」と感じる細かい作業があれこれ発生していました。
その案件では、細かいルールを守る必要があり、確実性を求められていました。かつ、運用案件だったため、担当を継続していくことによって属人性が強まりやすく、「いざ何かあったときの引き継ぎも大変だな」と懸念を持つようになったのです。

そこで思い出したのは、以前テスター(ソフトウェアなどが問題なく動作するかのテストを行う職種)として勤務していた職場の、「ちょっとした手間がかかる作業はどんどん自動化して生産性を向上していこう!」という風土でした。そこでは、素晴らしいエンジニアが集まっていて、いろいろな便利ツールを自作し、それを活用した業務改善を当たり前のように行っていて、テスト工数が削減されていくさまや、その恩恵を目の当たりにしていました。
転職してフロントエンドエンジニアになり、多少スキルが身についてきたので、あの時のエンジニアさんたちのように、自分もツール開発してみたいな、という思いが募り、この度チャレンジしてみることにしました。

なにをつくったのか

アコーディオン全開ブックマークレット

更新されたサイトの表示をチェックするにあたって、毎回たくさんのアコーディオンメニューを開いて内容を確認しないといけないのですが、ひとつひとつクリックして開くことは積み重なると結構な手間になっていました。これを一括&一瞬で開けるブックマークレットを作成しました。

 

画像加工ドロップレット

同じサイズ・圧縮率・拡張子へ書き出す画像加工作業がありました。これをドラッグ&ドロップするだけで作業が完結するドロップレットを作成し、デザイナーの作業効率をアップさせました。

 

納品データ作成シェルスクリプト

イレギュラー対応で、通常とは異なる形の納品データを作成する場合があるのですが、その作成作業にこれまで平均40分ほどかかっていました。これをコマンド一つで作成できるようにし、体感3秒で完了するようにしました。

どうやってつくったのか

まずは、繰り返し発生する作業を書き出し、どう改善したいのかを言語化しました。自分だけの作業ではありますが、簡単に要件定義と設計をアウトプットして認識齟齬を起こさないようにしました。
これまでツールを作ったことがなかったので、そもそもの作り方を調べるところから始めました。「ブックマークレット 作り方 検索」「フォトショップ 自動化 検索」みたいな感じで検索するところからスタートです(笑)。

作り方をざっくり調べた後、自動化したい機能の中身(工程)を細分化し、それぞれの工程ごとに作り方を調べていくことを繰り返しました。

最後に、これらを組み立ててひとつの自動化ツールにしましたが、作りっぱなしではなく、ツールを社内共有しリリースした後も、使用中に気づいたことは、修正・機能追加・リファクタなどして運用しています。

何が得られたのか

  1. 作業時間の短縮

    ひとつひとつは、たった数十秒や数分の作業短縮ではあります。ですが、仮に5分間作業時間を短縮できれば、1年間で100案件あるならば、約1人日分の時間削減になります。
    その時間を、他の仕事や業務改善、自己学習の時間に当てることができるようになるのです。この積み重ねが、より高い価値を生み出していくことにつながるよね、とチーム内では会話しています。

  2. 業務ストレスの減少

    「ちょっと面倒くさい」は、仕事のやる気をそいでしまうなかなかの曲者です。これを退治するだけで、面倒がなくなりスムーズになって、モチベーションアップにもつながるというのは重要かな、と考えています。

  3. 人為的ミスの削減

    当たり前ですが、自動化したことで人為的ミスが減り、品質が向上しました。
    引き継ぎが発生しても軽微な内容で済みますので、属人化回避にも役立っています。

  4. 技術学習機会の獲得

    実務に紐づいているからこそ、学習しながら実現に向けて取り組めたし、実現時のメリットが目に見えていたぶん、やる気をもって自分ごととして完成まで持っていくことができました。

こうやって書き出してみると、「業務効率化を達成した私ってすごい!」と見えてしまいそうなのですが、その一面だけを伝えたいのではありません。私が本当にできるかどうかもわからない中、業務改善と技術学習、それぞれの重要性を鑑みて、「やってみたら?」と背中を押してくれた環境のおかげでもあります。

さらに、このエピソードを社内LT大会で発表してみたら、いろいろな人からお褒めの言葉をいただけたのもモチベーションアップになりました!今回、シェルスクリプトを作るのが楽しかったので、Linux コマンドの基礎テキストを購入し、引き続き勉強しています。

実務上の「ちょっと面倒くさい」を解消すると、メリットがたくさんありますよ!まずは、面倒くさいと実は思っていることを書き出してみるところから、はじめてみませんか?

 

ノヴィータのサービスにご興味がございましたらお問い合わせください!

docs.google.com

 

コーポレートサイトもぜひご覧ください。

www.novitanet.com

 

仲間を求めています! 募集中の職種はこちらから(Wantedly)

www.wantedly.com