NOVILOG

株式会社ノヴィータが運営するブログメディアです。メンバーのこと、文化や価値観、ノウハウ、様々な活動などについて発信します。

応募者が集まる秘密は〇〇だった!その驚きの秘密とは?

f:id:novitanet:20200114184820j:plain

 

ノヴィータ豊岡事業所の背戸です。今回は、東京本社から遠く離れた兵庫県豊岡市からお届けします。

豊岡事業所では、東京本社が行うデジタルマーケティングの知識やノウハウを用いて、様々な企業の採用支援を行っています。そんな採用支援業務を通じて学んだ「応募者が集まる秘密」を、地元の生徒たちの素敵な取り組みと共にご紹介させていただきます。

 

求職者は、知らない会社には応募しない!

うちの会社、なんで応募が少ないんだろう?そのようなお悩みを持たれている企業は意外と多いのではないでしょうか。では、なぜ応募が少ないのでしょうか?その理由は、とても単純な事だったのです。応募者は、あなたの企業を「知らない」ただそれだけなのです。

CMで見聞きする大企業は誰もがよく知っていて、どんな会社で何をしているのか求職者の中で既にイメージができているので応募が集中します。

では、中小企業や地方の企業はどうでしょう?どんな会社なのか、何をしている会社なのかを知る機会がないために、はっきりとしたイメージができないのではないでしょうか。その具体的にイメージできないことが「知らない」になるのです。

それでは、どうすれば求職者に自分たちの企業を知ってもらえるのでしょう?

答えは、『求人票』です。求職者は、求人票に書いてある情報だけでどのような会社なのかイメージを膨らませます。求人票に書いてある情報が少なければ、イメージも膨らまない。それもまた「知らない」になってしまいます。

どうすれば求職者がイメージを膨らませることができる求人票になるのでしょうか。求職者の知りたい情報は、一体何なのでしょうか?


求職者は何を知りたい?生の声を聞けた時間

f:id:novitanet:20200114185101j:plain

 

「求職者は求人票から何を知りたい?」この疑問にお答えするのにとても良い企画に参加したので、その時の話をさせてください。

私たちが行なっている採用支援サービスの経験を活かして、近畿大学附属豊岡高等学校で約一年かけて行われた、生徒が地元企業の求人票を作る授業「総合探究学習」にアドバイザーとしてノヴィータも参加しました。

まだ働くことを容易に想像できない生徒たちは、どのようにして地元企業の「求人票」を作っていったのでしょう。

まず企業の方から、会社概要、募集する職種、仕事内容といった簡単な説明を受けました。次にネットや本から情報を集めましたが、それだけでは「何かが足りない」と感じた生徒たち。その足りない部分を、企業の方へのインタビューで埋めることにしました。

 

現場の声はネットに落ちていない 

インタビューで聞くことができた現場の声は、ネット検索では出てこない事ばかりでした。

 

f:id:novitanet:20200311134912j:plain

 

「その職場にいく事で、社長が常に笑顔で働きやすい環境を作り、それが従業員の笑顔に繋がっていることを実際に目にすることができた。」

「複数の人にインタビューしたことで、同じ業務でも人によって得手不得手を感じる部分は様々で、やりがいは人それぞれ違うんだと知った。」

「仕事の難しさの細かなポイント、チームワークの良さを肌で感じ実際に見聞きできた。」

ネット検索では出てこない現場の雰囲気こそが、生徒たちが本当に知りたいことでした。

インタビューされることで、企業側にも大きなメリットがありました。インタビューが、企業の本質である社風や理念といった「思い」を言葉にするきっかけとなり、自社への理解が深まったという意見や、自分たちでは気づくことができなかった自社の魅力を再確認できる時間ともなったのです。従業員へのインタビューでは、社員がどこにやりがいを持ち真摯に仕事と向き合っているのか、そしてどこに不満があるのかという、社員の生の声を聞ける大切な時間となったそうです。

 

f:id:novitanet:20200114184842j:plain


 

こうして生徒たちが一年かけて求人票と向き合い、その成果を企業に向けてプレゼンする時がやってきました。

ネット、本、インタビューからたくさんの情報を得た生徒たちは、その企業の事をとても好きになっていて、どんなふうに伝えればこの会社の良さが伝わるのかな?みんなに知ってもらうにはどこで宣伝すればいいのかな?生徒たちの、「企業の良さを伝えたい!」という情熱で会場は熱くなっていました。現場で働く人の仕事に対する熱意を感じたことで、「この職種に就いてみたい」「私もここで働きたい!」と考える生徒がいたことには、私たちも驚きました。


「現場の声に共感してもらえる求人票」は、片手間で作れない

 

f:id:novitanet:20200311150704j:plain

 

生徒は、現場で働く人たちに触れ、社長の思いや会社の本質に共感したことで「ここで働きたい」と思ったのです。


あなたが求人票を書く時には、社長や募集される部署の社員の方にインタビューをし、「会社の声、現場の声」が求職者に届くような内容を意識して書いてみてください。求職者に共感してもらうには、片手間で作成した求人票では伝わりません!

求人票と向き合って、丁寧に作成することが大切なのです。そうして出来上がった求人票は、求職者の心に必ず届きます。

自社の魅力を発信したい!求職者に自社の魅力を届けて共感してもらいたい!でも通常業務で手一杯、どこから手を付けていいか分からない・・・もしそのようなお悩みがありましたら、是非ノヴィータにご相談ください。私たちが、御社の魅力を明らかにし共感できる求人票を作成いたします。

 

・・・

 

私たちは豊岡からのリモートワークをしています

最後になりましたが、豊岡事務所について書かせて頂きます。

兵庫県の北部に位置する豊岡事業所は、城崎温泉やコウノトリの自然放鳥、鞄製造や水産加工などの産業で有名な地方都市にあります。

そのような場所から2018年12月、フルリモート勤務するママ社員が複数人入社したことをきっかけに開設。東京本社が行うデジタルマーケティングの知識やノウハウを用いて、企業様の採用活動のご支援を行なっています。

お客様と物理的な距離は有りますが、この場所からでも様々な事に情熱的に取り組み、お客様と同じ方向を向いて仕事をしていけると確信しています。様々なライフステージを経る中、仕事への様々なやりがいを持ち楽しく働くことで、会社や地域、そして家庭も明るくしたい。そんな思いを持って仕事をしています。